火災保険徹底比較|火災保険・地震保険比較サイト

火災保険徹底比較

 
 

よくある質問

火災保険のお見積もりやお申し込み、補償、保険金請求、支払い等につきましては、下記をご参照ください。 詳しい内容についてはお気軽にご相談ください。

火災保険に関するお役立ち情報

Q.火災保険の見積もりがほしいのですが、どうしたらいいですか?

まずは資料をご請求ください。弊社よりお客様にご連絡の上、建物の構造や床面積などを確認させていただき、お見積もりを提示さ せていただきます。 (ジェイアイのくらし安心総合保険の場合)まずは資料をご請求ください。弊社または引受保険会社より資料を送付致します。

Q.賃貸住宅で、火災を発生させてしまった場合は補償されますか?

近隣の方への賠償は「失火法」により、損害賠償責任は免除されていますが、火元に故意または重大な過失(ほとんど故意に近い著しい注意欠如)が認められる場合は免除されません。大家さんへの損害賠償はしなくてはなりません。
大家さんへの損害賠償責任を負った場合に備え、オプションで借家人賠償責任特約を付けると損害賠償金の他に、修理費用が補償されます。また、賃貸住宅専用の火災保険では、借家人賠償責任特約があらかじめセットされています。

ジェイアイ
地震保険がセットされた家財の保険『くらし安心総合保険』
○賃貸専用プラン(リビングサポート保険+地震保険)

Q.賃貸マンションに住んでいますが、火災保険への加入は必須でしょうか?

火災保険への加入は強制ではなくお客様ごとの任意となります。
ただし、保険のご加入が賃貸マンションの入居の条件となっている場合がありますので、その場合には家財の火災保険への加入と借家人賠償責任特約の付帯をおすすめします。

Q.家財の保険だけに加入できますか?

(ジェイアイのくらし安心総合保険の場合)くらし安心総合保険では家財のみが対象となります。建物のお引受けは出来ません。

Q.地震保険だけに加入できますか?

(ジェイアイのくらし安心総合保険の場合)地震保険だけではお申込いただけません。『くらし安心総合保険』ではご希望されない場合を除き、地震保険をあわせてご契約いただくことになっております。

Q.火災保険にすでに加入している場合、地震保険に途中から加入できますか?

ご契約時に地震保険を希望されなかった場合でも、火災保険の保険期間の中途から地震保険をご契約いただけます。ご希望される場合には、保険契約証(証券)に記載の取扱代理店または弊社にご相談ください。

Q.住宅金融公庫を利用しますが加入できますか?

住宅金融公庫をご利用の場合は加入できません。公庫専用の火災保険にご加入ください。
ただし、フラット35の場合は民間の保険会社でも火災保険を用意することができます。
※フラット35については、住宅金融公庫のページをご覧ください。

民間と公庫が提携 最長35年長期固定金利住宅ローン【フラット35】

Q.建物を銀行の担保に入れる(質権設定)のですがどのように手続きするのですか?

まず、融資条件に合わせた見積もりを作成します。これを銀行に提示し、お客様が「火災保険は保険会社を選ぶ」と、申し出てください。銀行との連絡・交渉については、弊社にご相談ください。

Q.建物の保険金額は、どのように決めたら良いですか?

建物の延べ面積と構造(建物種類)、所在地等により標準的な評価額を算出します。この標準的な評価額を目安に、実際の建築費を考慮して保険金額をお決めください。
(ジェイアイのくらし安心総合保険の場合)『くらし安心総合保険』は家財の保険ですので、建物の契約はできません。

Q.自分の家から出火して隣家を延焼させた場合、隣家の損害まで火災保険で補償できますか?

隣家の損害額を火災保険で直接補償することはできません。
ただし、火災、破裂・爆発で、他人の所有物に損害を与えた場合は、見舞金などの費用をお支払いする失火見舞費用の補償があります。
※地震保険では失火見舞費用はございません。

Q.地震による火災は火災保険で補償されますか?

地震による火災で、家が焼失した場合、地震で建物が損壊した場合、地震による津波により家が流された場合などは、火災保険では補償されません。
(ジェイアイのくらし安心総合保険の場合)『くらし安心総合保険』のみでは補償されません。
(ただし、地震火災費用保険金が支払われる場合があります。)地震保険をあわせてご契約いただくことをおすすめします。)

※このホームページは保険の特徴を説明したものです。詳細は商品パンフレットをご覧ください。

無料資料請求はこちら